魂が安らげる場所|三鷹メモリアルグランデにお墓を建てよう

終わり考えておく

婦人

遺族のためにもなる

終活とは、最近作られた言葉で、自分の人生の終わり方について考えておくことです。近年は終活の認知度も高まり、メディアで紹介されたり専門の業者が登場したりしてきています。人生の終わり方を考えることで、残りの人生を有意義に過ごすことができる点に大きな魅力があります。また、残された配偶者や子供たち、親戚縁者などの手間が少なくなるというメリットがあります。具体的な終活としては、終末期医療について考えておく、葬儀方法を考えておく、お墓を探しておく、財産を整理して目録や遺言を作っておく、断捨離をして荷物を整理しておくなどがあります。すべてをいきなり行うのは大変なので、一度エンディングノートと呼ばれるノートにまとめておくと行動に移しやすくなります。エンディングノートは終活にまつわる事項がまとめられているノートで、書店などで手に入れることができます。終活の順番に決まりはありませんが、まずは緊急時に備えて必要事項を書き出すことから始めると安心です。特に一人暮らしの人は連絡先などがわからず対応が後手に回ることもあるので、家族の連絡先や財産のありかなどをまとめることから始めましょう。始めどきとしては、65歳頃がおすすめです。働いている人は定年を迎え、時間ができるタイミングだからです。現代の65歳はまだ十分若いですが、身体は確実に老いに向かっています。早めに準備しておくに越したことはありません。なかなか進まないときは専門家の手を借りるのも一つの手です。